クルコノシェ山脈の冬の味覚【レシピ付き】

  • ブックマーク

本格的な冬の間、クルコノシェ(Krkonoše)山脈を含むチェコの山々では、ウィンタースポーツや自然の中の散歩のどちらも楽しむことができます。スキー愛好家にとって魅力的なクルコノシェ山脈は、地域の特産品を味わうのが好きなグルメ達も惹きつけます。チェコで最も高い山々のあるこの地域には、間違いなくたくさんの美味しい魅力があり、この地域を訪れる場合は地元の名物料理を食べずには帰れません。

冬のクルコノシェ山脈

Krkonoše sejkory(クルコノシェ・セイコリ)は、盛り付けの際にラードまたは溶かしバターを表面に塗るこの地方特有のジャガイモのパンケーキで、シンプルでありながらとてもおいしい食事です。

Škubánky(シュクバーンキ)またはkucmoch(クツモフ)と呼ばれるのは、地元の伝統的な甘い料理です。鍋でじゃがいもを茹で、茹であがったら小麦粉、水を加えて混ぜ合わせ、固く滑らかな生地を作ります。溶かしたラードに浸したスプーンを使って丸い形の生地をすくい上げ、お皿に盛ったらケシの実またはクァークと粉砂糖を振りかけます。クァークと砂糖を入れたイーストを使用したブルーベリーのお団子は、山のレストランの定番メニューです。

シュクバーンキ

Špecle(シュペクル)と呼ばれるニョッキを、ハム、酢キャベツ、揚げ玉ねぎと和えた料理も地域の味で、酢キャベツ、サワードウ、キノコが入った濃厚なスープKrkonošské kyselo(クルコノシュスケー・キセロ)は、クルコノシェ山脈料理の真の宝物です。

クルコノシェ山脈を訪れる機会があれば、CzechSpecials認定のレストランで注文してみてください。また、どれも簡単に作れるものなので、自分で作って楽しむのもオススメです。

クルコノシュスケー・キセロの作り方

クルコノシュスケー・キセロ

材料(4人前)

  • サワードウ(パン酵母) 120 g
  • バターまたはラード 40 g
  • きのこ類 ひとつかみ(数種類ミックスがベスト)
  • ジャガイモ 300 g
  • 玉ねぎ 中サイズ1個
  • 水 900 ml
  • 牛乳 200 ml
  • 卵 2 – 4個
  • 塩 少々
  • キャラウェイシード 少々

作り方(下準備10分、調理30分)

  1. サワードウを少量のぬるま湯で希釈し、数時間、できれば一晩発酵させます。
  2. ジャガイモは洗って皮をむき、さいの目に切っておきます。
  3. 鍋にきのこ類、クミンシード、2.のジャガイモを加えます。 
  4. 3.に水と塩を加えてやさしく炊き、発酵したサワードウを加えてさらに煮ます。
  5. 細かく刻んだ玉ねぎをバターまたはラードで炒め、スープに加えます。
  6. スクランブルエッグまたはポーチドエッグを作り、鍋に入れるかお皿に直接入れて出来上がり。

チェコ料理について詳しくはCzechSpecialsをご覧ください。

冬のクルコノシェ山脈についてはこちら↓

  • ブックマーク

この記事を書いた人

チェコ政府観光局

チェコ政府観光局は1993年に設立され、日本を含む世界20カ国でチェコの観光情報の発信を行っています。
日本支局では、チェコを旅行される皆様がチェコの美しい景色や文化を快適に楽しめるよう、日本語のウェブサイト、SNS (Facebook, Twitter, Line@)、ニュースレターなどを通じて実用的でフレッシュな情報をお届けしています。また、5月の関空旅博や9月のツーリズムEXPOジャパンなど全国で開催される旅行イベントに参加して、直接皆様とお会いできる機会も設けております。
ガイドブックでは得られない特別な情報をゲットして、チェコ共和国でのユニークな体験を楽しむお手伝いができれば幸いです。

担当カテゴリ:旅行アドバイスチェコグルメチェコで学ぶ、チェコを学ぶこぼれ話