ユダのロープを連想するパン「イダーシェ(Jidáše)」

  • ブックマーク

今年もキリスト教圏最大の祝祭・イースターが近づいてきました。

イースター(復活祭)は、十字架に架けられて処刑されたイエス・キリストが3日語に復活を遂げたことを祝うものです。また、春の到来と新たな農作年の開始を意味する春最初の満月を祝う、太古の昔から存在する祝祭日です。

日本と同じくチェコ人の多くは無宗教の人が多いのですが、古くから続くイースターの伝統の習慣が残っており、各家庭でお祝いをします。

このイースターの期間はたくさんの特別な料理を食べるのも習慣の一つです。
今日はその一つ「イダーシュ」のレシピを紹介します。

「イダーシェ」とは、イエス・キリストの弟子の一人「ユダ」のことです。
キリスト教にはそこまで詳しくないので詳細は割愛しますが、このユダが裏切ったことでキリストは逮捕され、処刑をされるに至ったという人物です。ユダはその後首を吊り自殺をするのですが、この「イダーシェ」はその首を吊ったロープを表現しています。

このパンは、聖水曜日(つまり今日!)の夜に焼くのが伝統です。そして、聖木曜日の日の出の間にこのパンを食べると、翌年は人間に裏切られること、ヘビに噛まれるころ、蜂に刺されることがないと言われています。 万が一日の出の前に起きられなくても、聖木曜日の朝食に食べれば良いでしょう。

それではイダーシェを作ってみましょう。

材料】

  • 薄力粉          500g
  • 無塩バター          70g
  • 卵黄             2個分
  • シングルクリーム       300ml(脂肪分18%程度)                           
  • 砂糖             80g
  • 生イースト        25g  ※ドライイーストの場合は9g
  • 塩              4g
  • ナツメグ        挽きたて少々
  • すりおろしたレモンの皮  レモン1/4個分

<コーティング>

  • 卵           1
  • ハチミツ          大さじ2
  • 無塩バター         大さじ1

【作り方】

  1. イースト、砂糖、ぬるめに温めたシングルクリーム100mlを混ぜ、小麦粉大さじ1を加えて発酵させます。
  2. 残りの材料を混ぜ合わせ、1. の生地を加えてもう一度混ぜ合わせ、くっつかなくなるまで混ぜます。滑らかで弾力性が出てくるまでさらに510分間こねます。
  3. 生地を丸めてボウルに入れてラップで覆い、2倍の大きさになるまで発酵させます(約1時間)。
  4. 発酵したら生地を取り出し、再度こねて気泡を取り除き、4等分にカットします。カットした生地をさらに8等分し、最終的に24等分にします。
  5. それぞれの生地を約20-25cmの細いロープ状にしていきます。生地の端をくるくると巻いて「結び目」を作り、ベーキングペーパーを敷いたオーブントレイに置きます。(トレイは2枚必要になる可能性があります)
  6. 卵黄と水大さじ2を泡立て器でかき混ぜ、丸めたパンの表面に塗って20分間発酵させます。オーブンを190に予熱します。
  7. 発酵した生地に再度6. の卵液を塗り、オーブンで15分焼きます。
  8. 焼いている間にコーティング用の蜂蜜を温め、さいの目に切ったバターを加え、完全に溶けるまで混ぜておきます。
  9. オーブンからパンを取り出し、すぐに8.のコーティングを塗ります。
  10. パンが完全に冷えたら食べましょう!

良かったらぜひ作ってみてくださいね♪

  • ブックマーク

この記事を書いた人

チェコ政府観光局

チェコ政府観光局は1993年に設立され、日本を含む世界20カ国でチェコの観光情報の発信を行っています。
日本支局では、チェコを旅行される皆様がチェコの美しい景色や文化を快適に楽しめるよう、日本語のウェブサイト、SNS (Facebook, Twitter, Instagram, Line@)、ニュースレターなどを通じて実用的でフレッシュな情報をお届けしています。
ガイドブックでは得られない特別な情報をゲットして、チェコ共和国でのユニークな体験を楽しむお手伝いができれば幸いです。

担当カテゴリ:旅行アドバイスチェコグルメチェコで学ぶ、チェコを学ぶこぼれ話