知っておきたいチェコの習慣(レストラン・カフェ編)

  • Bookmark

旅行に行ったら、観光名所を巡る他に楽しみなのはなんといってもグルメ、という方は多いのではないでしょうか。

ローカルなお店でチェコ人に混じっておいしいビールやチェコ料理を楽しみたい!という方のために、チェコのレストラン事情について少しご紹介したいと思います。

メニューの見方

ビールメニュー

レストランでは主に食事メニューとドリンクメニューに分かれています。
今はお水が出てくる店も増えましたが、基本的に日本のようにお冷が無料というお店は少ないので、飲み物は何か頼んだほうがいいでしょう。

jídelní lístek(イーデルニー・リーステック)食事メニュー
nápojový lístek(ナーポヨヴィー・リーステック) ドリンクメニュー

食べ物の量にも注意!メインメニューであれば一皿当たりかなりの量がありますから、あれもこれも食べたい気持ちもわかりますが、慎重に選びましょう。メニューの横にはたいていグラム数が書いてありますから、こちらを参考にするといいでしょう。サラダでも100gの小さなものから350gの大きなものまでありますので要注意!
お腹が空いていない人は、ビールのアテのような前菜系や、スープにするといいでしょう。

注文する時は

注文までは辛抱強く

日本では注文したい時、呼びたい時に「すみません」と声をかけますが、チェコではウェイターを呼ぶ際に、声を出しません。
それではどうするか。目が合うまでひたすら視線を送り、待ちます。
メニューも、決まったら閉じておくといいでしょう。それが注文の合図にもなります。
なかなか来なくても、辛抱強く。
大声を出したり、大きく手を挙げるのはチェコではあまりスマートではありません。

会計もスマートに

チェコの伝票。メニューの名前または値段の横に縦線が。
日本でいう正の字のようなものでしょうか。
チェコのウェイターは本当にこれでわかるの!?

会計もテーブル会計が基本ですが、今はレジのところまで行って支払う場所もあるみたいです。テーブル会計の場合も、目で合図します。
チェコ人は日本人のように、色々頼んでシェアするのではなく、一人1品メインやスープを頼み、一人ひとり自分の頼んだ料理を食べます。
会計もウェイターに自分が頼んだメニュー名を伝え、別会計する人が多いです。挙げられた料理名、ドリンクをすぐに計算するウェイターの暗算能力にびっくりする人もいるかもしれません。
そうして計算した額をウェイターに告げられたら、いよいよ支払いです。

チップはどれくらい渡せばいいの?

たくさん食べたあとはお会計です

チェコでは基本的にサービス料は料金に含まれていませんので、チップを払う習慣があります。
チップの目安は10%ですが、あまり神経質にならずにキリのいい数字に切り上げればオーケーです。
例えば、138コルナなら、150コルナ、44コルナなら50コルナ、というように。
支払う時はチップ込みの額を伝えてお金を渡します。そうすれば、お釣りも、チップ込みの額が引かれた金額が戻ってきます。
チップ込みの額ぴったりを渡す時は、「これでいいです。(To je dobrý. ト イェ ドブリー)」と伝えればチップ込みの額だと伝わります。
店を出る時は、「さようなら。(Na shledanou.ナスフレダノウ)」と挨拶するのを忘れずに!

いかがでしたか?ちょっと難しいかもしれませんが、予備知識として知っておくと便利ですよ!

  • Bookmark

Bio

駐日チェコ共和国大使館

駐日チェコ共和国大使館は、日本においてチェコ共和国を代表する機関として位置付けられています。
ビザ取得手続きや証明書認証をサポートする領事部、日本とチェコの政治情報を扱う政務部、経済・ビジネス面での両国間の発展を手助けする経済・商務部、文化活動を推進する文化部などがひとつのチームとして、チェコと日本の架け橋となって活動しています。
大使館のホームページではイベントレポート、事務手続きや申請関連のお知らせがご覧いただけます。また、フェイスブックのオフィシャルページでは、最新情報やチェコ関連情報を随時発信しています。ぜひチェックしてみてください。

日本におけるチェコビジネス年HP

担当カテゴリ:旅行アドバイスのぞき見