200年を超える歴史と経験、TONAKはチェコ共和国が誇る帽子ブランドです。

チェコが世界に誇る帽子ブランド「トナック」

  • Bookmark

11月に入り、ぐんぐんと寒くなってきましたね。街を歩くとコートやマフラー、帽子を被っているかたも増えてきたのが分かります。今回は、おしゃれで寒さもしのげるチェコの高級帽子を取り扱っている株式会社ソキュアスの芝下様にご寄稿いただきました。

チェコの名産品といえば、ボヘミアンガラス? それともビール? でも忘れてはならない特産品が、兎(うさぎ)の毛を原料とするファーフェルトです。チェコは、高級帽子の素材となるファーフェルトの世界最大の産地であることでも知られています。

そんな兎毛を用いたフェルトハットで高い評価を獲得しているのが、チェコが世界に誇る著名企業トナック(TONAK)です。トナックは、実に200年を超える歴史を有し、高級帽子ブランドとして不動の地位を築き上げています。

ファーフェルトのハットの魅力とは?

一般的にファーフェルトは兎の毛を素材としていて、広く流通している羊毛を素材としたウールフェルトよりも高級とされています。そのため、特に本物志向の方に愛されています。

中でもチェコ産のファーフェルトは最高級品として知られ、長い毛足による上品な見た目や、軽さと温かさを併せ持つしなやかな手ざわりが世界中の帽子愛好家の間で高い評価を獲得。秋冬物の高級帽子の素材として、ビーバー毛と並ぶ人気を誇っています。

一つの帽子を作るためには少なくとも兎が4~7羽、上級品ともなると30羽分もの毛が必要となります。そこからさらに帽子に適した毛を厳選するわけですから、素材の希少価値が高いことは言うまでもありません。

ファーフェルトの帽子は、軽くキメ細やかで、手ざわりもよく、最高の被り心地をもたらします。またウールフェルトと違い、一度伸びると戻らないため、加工が難しいのが特徴。そのため工程のほとんどは、職人による手作業となります。

熟練の職人たちの加工により、吟味された希少な素材を、大変な手間と時間をかけて仕上げる逸品が、ファーフェルトの帽子なのです。

Nový Jičin(ノヴィー・イチーン)の工場の様子。手仕事での作業も多く含まれています。
Nový Jičin(ノヴィー・イチーン)の工場の様子。手間暇のかかる伝統的製法がしっかりと受け継がれています。

チェコの自然と文化が育んだファーフェルト

チェコがファーフェルトの産地として成功した背景には、その気候があります。寒冷地であるチェコでは、防寒のため兎の毛がよく伸びます。そのため他の地域と比べて、毛足の長い兎毛を採取することができるのです。

チェコのファーフェルトといえば、その毛足の長さが特徴。長い毛足のファーフェルトは温かく、質感も豊か。さらには、埃が付きにくく取れやすいという利点もあります。

また兎の毛は中空であるため、軽くしなやかで発色もよく、上品な光沢をもつことが特長。手ざわりは、ウールに比べキメ細かく滑らか。また型崩れしにくく長もちで、使う程に味わいが増していく特性があります。

「良い帽子を長く被りたい」という方に最適の素材と言えるでしょう。高級帽子に欠かせないファーフェルトは、チェコの自然と文化が育んだ人智の結晶なのです。

Nový Jičin(ノヴィー・イチーン)の工場の様子。ファーフェルトの生産から行っているメーカーは世界でも珍しい。
Nový Jičin(ノヴィー・イチーン)の工場の様子。兎の毛は加工が難しく工程のほとんどは手作業となります。

200年を超える歴史、トナックの帽子づくりのこだわり

トナックは、チェコ国内の自社工場において、帽子の素材となるファーフェルトの生産から加工、実際の商品として仕上げていく成型までの工程を一貫して行っています。

生産の要となるNový Jičin(ノヴィー・イチーン)市の工場は、フェルトハットの製造が専門。工場における製法は厳しく管理されており、高い品質を保つ目的で、一つのフェルトハットが仕上がるまでには80~150もの様々な工程を経ることになります。

その中には、手仕事での作業も多く含まれています。世界最大級の帽子ブランドでありながら、生産には手間暇のかかる伝統的製法がしっかりと受け継がれています。

確かな伝統と技術から生み出されるトナックの帽子は、帽子産業の黎明期から現在に至るまで、世界中の帽子通たちを唸らせ続けてきました。

200年を超える伝統と経験をバックボーンに、老舗帽子ブランドたる地位を揺るぎないものとし、50ヶ国を超える世界中の国々で高い評価を得ています。

チェコ大使館にて撮影。TAFFINE(ラフィーネ)を着用。
チェコ大使館にて撮影。BLASON(ブラゾン)を着用。

王道からデザイン性あふれるアイテムまで

トナックの帽子は、全てが兎毛100%のファーフェルトを用いた最高級品です。王道の定番スタイルから、デザイン性あふれるアイテムまで、多彩なラインナップが揃います。

素材の特性や加工方法を熟知した老舗ブランドが、自信を持って世界に送り出す一流品。ぜひ、ご自身の目でお確かめください。

TONAKの帽子は、プラハ、ノヴィー・イチーン、ストラコニツェ、オストラバ、チェスケー・ブジェヨヴィツェの直営店で購入することができます。

日本でのご購入は、オンラインストアが便利です。

CHALEUR(シャルール)発色のよいカラーもTONAKの帽子の魅力の一つ。
CHARMANT(シャルマン)王道のブラックの中折れ帽。
EMPEREUR(アンプルール)高級といわれるファーフェルトを素材に贅沢に用いたトップハット。

◇TONAK(トナック)専門店◇

チェコの老舗帽子メーカーTONAK(トナック)の商品を取り扱う、日本唯一の専門店(オンラインストア)です。株式会社ソキュアスが運営。

◇時谷堂百貨◇

海外の帽子ブランドを数多く取り扱う総合店(オンラインストア)です。トナックの帽子がラインナップされています。株式会社ソキュアスが運営。

  • Bookmark

Bio

駐日チェコ共和国大使館

駐日チェコ共和国大使館は、日本においてチェコ共和国を代表する機関として位置付けられています。
ビザ取得手続きや証明書認証をサポートする領事部、日本とチェコの政治情報を扱う政務部、経済・ビジネス面での両国間の発展を手助けする経済・商務部、文化活動を推進する文化部などがひとつのチームとして、チェコと日本の架け橋となって活動しています。
大使館のホームページではイベントレポート、事務手続きや申請関連のお知らせがご覧いただけます。また、フェイスブックのオフィシャルページでは、最新情報やチェコ関連情報を随時発信しています。ぜひチェックしてみてください。

日本におけるチェコビジネス年HP

担当カテゴリ:旅行アドバイスのぞき見